XMについて

【本当にメリットだけ?】海外FX証券 XMのデメリット8選

管理人
管理人
XMは本当にメリットだけなのか気になる人が多いようだね!
アイコ
アイコ
海外証券だし少し不安は残るので、デメリットは全て把握しておきたいですね!!
管理人
管理人
では今回はXMのデメリットをメインにまとめておくことにしよう。まずは海外証券と国内証券の簡単な違いから!

海外証券業者は日本の証券会社と比べて、

  • ゼロカットがある
  • 日本の証券会社の税金20.315%に比べて、海外証券の税金は累進課税が適用され、最大55%ある
  • レバレッジが高い

の3つの大きな特徴があります。

特にゼロカットがあることから安全に投資を行う上で、海外証券業者を利用しようという投資の上級者は多いです。海外証券業者の中でも、最も人気が高いのが、XM。多くの日本人トレーダーがXMを使っています。

しかし、本当にXMは使いやすいのでしょうか?

XMには、いいところがたくさんありますが、デメリットにも向き合う必要があります。

人気だから使うという盲目的な使用を避けて、トレードの目的に沿った海外証券業者を探すことが、大事なお金を資金運用する際に大事なことです。

今回は、XMのデメリット8選をご紹介します。

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

 

デメリット1【スプレッドが広い】

XM
管理人
管理人
最初に見ておきたいのが、スプレッド。これは海外証券の最も大事なところ。

XMのスプレッドが日本の証券会社と比べても広いことはもちろんのこととして、他の海外証券業者を比べると少し広いことが言われています。

海外証券業者14社のスプレッドの比較表

海外証券業者 USD/JPY EUR/JPY EUR/USD
XM Trading 1.5 2.3 1.6
AXIORY 1.4 1.4 1.4
BigBoss 1.6 2.2 1.8
Titan FX 1.3 1.7 1.3
IS6FX 1.6 2.3 1.5
Gemforex 1.5 1.6 1.5
EXNESS 1.1 1.9 1.0
iFOREX 1.0 1.4 1.0
Tradeview 1.8 2.2 1.6
Millton Markets 1.5 1.5 1.5
Genetrade 1.4 1.9 1.4
Land FX 0.8 1.5 0.9
FXGT 1.6 2.2 1.6
Hot Forex 1.7 1.6 1.2
全業者平均値 1.41 1.84 1.38

 

メジャーな通貨ペア、USD/JPY・EUR/JPY・EUR/USDの3つを比べてみましたが、XMのスプレッドは、全業者の平均値を3つの通貨ペアのいずれも上回っています。

ゼロ口座のスプレッドも高い

管理人
管理人
ゼロ口座というものをXMは用意しているんだけど、こちらもスプレッドは少し広めの設定になってる!

確かに、通常の口座よりはスプレッドは狭いのですが、XMのゼロ口座は取引手数料が高いため、やはり他社よりもスプレッドは少し広いです。

ゼロ口座は、あくまでもXMの中ではスプレッドが狭い口座と認識してください。

スプレッドの狭い業者で取引したい場合は、スプレッドの狭さを売りに運営している海外証券業者があるのでそちらを選びましょう。

ただし、スキャルピングを行いたい場合は、業者によっては禁じられており、出金停止・口座凍結などのリスクもあるため、よく規約を読むようにしてください。

 

ボーナスによって実際のスプレッドは0.7マイナスされる

スプレッドの比較だけすると、確かにXMはスプレッドが広いのですが、XMは取引ボーナスが、1ロット(10万通貨)ごとに最大700円のポイントを得れるため、実際のスプレッドは、表記上より0.7低いという見方ができます。

ボーナスの多さはXMの魅力1つとなっており、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど様々なボーナスで取引をサポートしてくれます。

アイコ
アイコ
ポイントももらえるんですね!それは嬉しいです!

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

 

デメリット2【ほとんどの通貨ペアでマイナススワップが発生する】

XM

XMは、ほとんどの通貨ペアでマイナススワップが発生するという大きなデメリットがあります。

アイコ
アイコ
スイングトレードをする人にとっては少し難しい選択になりそうですね。

しかも、土日にスワップポイントが発生しない分、水曜日に3日分のスワップポイントが発生するため注意してください。

トルコリラや南アフリカなどのスワップ運用メインの一部の高金利通貨は、さすがにプラススワップとなることが多いのでご安心ください。

XMでは原油に限り、スワップポイントが0というメリットもあります。

スワップポイント狙いでトレードをする人は少ないですが、スワップポイントもマイナスになるのは無理!という方はGEMFOREXがいいかもしれません!

GEMFOREXでは定番の通貨のスワップポイントがプラスなので、1週間くらいポジション放置でも問題はないです。デイトレードはXMを利用して、少し長めのポジションはGEMFOREXを利用するなんてこともできますね。

マイナススワップに対する対策

XMで取引をする場合は、デイトレードを行い、取引を1日以内で完結させれば、マイナススワップは付きません。

スワップポイントで資産運営をしたいという人の場合は、日本の証券会社の方が優秀なのでそちらをおすすめします。

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

 

デメリット3【信託保全ではなく分別管理をしている】

XM

信託保全ではないと聞くととても大きなデメリットだと思う人も多いと思います。

アイコ
アイコ
海外証券ならこれは結構当たり前みたいだし、仕方ないことなのかもですね。

XMのみならず、海外証券会社のほとんどは信託保全ではなく、分別管理をしている現状があります。信託保全ではないということは、会社が倒産したときに、預けたお金が返ってくるとは限らないということです。

しかし、XMは分別管理しており、顧客資金に対して、最大100万ドル(約1億1000万円)までの保証を設けています。

海外証券業者は、資金保証が一切ないことも多いため、信託保全ではないとはいえ、ある程度の保証がされるXMは安全であり、人気の理由となってます。

XMの分別管理先の銀行は?

日本の場合は、顧客の資金は英国4大銀行の一つであるパークレイズ銀行に分別保管されています。

バークレイズ銀行は、大手の銀行であり、リスク管理や安全性は高いため、分別保管先の銀行としては、信頼性は高いといえるでしょう。

デメリット4【仮想通貨でトレードできない】

XM

2019年に仮想通貨の取引が停止となって以来、XMでは仮想通貨の取引が行えません。

管理人
管理人
最近はFXGTのように仮想通貨FXをできるような証券会社も増えてきているんです。

以前は仮想通貨で取引できるということで注目を集めていただけに惜しいところです。仮想通貨の価格は現在でも上がり続けており、続々と新しい仮想通貨が出現しております。

時代の流れに乗っている仮想通貨取引が行えなくなってしまったのはデメリットといえるでしょう。

仮想通貨は、ボラティリティが高く、ハイリスクハイリターンなため、XM以外(FXGTなど)で仮想通貨を取引したいという方は、注意して取引してください。

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

 

デメリット5【証拠金残高によってレバレッジに制限がかかっていく】

XM
管理人
管理人
XMはレバレッジ888倍、というところがポイント。ここは他の証券会社の中でも高めの設定で、定額の資金からチャレンジすることができるな。

日本の証券会社の場合は、法律により最大25倍とされているため、トレーダーが海外証券業者を使う理由としてはレバレッジが高いからという理由が圧倒的に多いのです。

レバレッジが高ければ、元手の資金が少なくても、大きな取引ができるという魅力的な点があります。

しかし、XMは、証拠金残高が増えていくと、最大レバレッジに規制がかかるようになっていくのです。

証拠金残高と最大レバレッジの規制を、下の表にまとめました。

 

証拠金残高(1ドル=100円想定) 最大レバレッジ
500~2,000,000円 888倍
2,000,001~10,000,000円 200倍
10,000,001円以上 100倍

証拠金残高が200万を超えていくと、最大レバレッジが888倍から200倍に落ちてしまいます。

逆にいえば、少ない資金でもレバレッジによって大きな資金に増やすことが可能ともいえますね。

最初から、大きな資金で取引したい人の場合は、888倍の恩恵は受けれないかもしれませんが、日本の証券会社で取引する場合は25倍なので、100倍であっても日本の証券会社と比べたら4倍も大きく、メリットはあります。

レバレッジの大きさによるデメリットもある

レバレッジが大きければ、日本の証券会社で取引したときに比べ、負けた時の損失は膨大なものとなります。

確かに、レバレッジを自分で調整できるのは利点に思えるのですが、負けてしまった時に感情的になって、高いレバレッジで取引してしまい、借金を背負うことになるということもありえます。

アイコ
アイコ
レバレッジが大きい分、ちゃんとトレードできれば上手く増やせそうだけど、そう簡単ではないのね(◞‸◟)

海外証券業者はゼロカットがあり、日本の証券会社と同様にロスカットがあるため、証拠金維持率が下がると、強制的に会社側によって自動決済され、追加で資金を入れない限り取引ができない状態になります。

投資で借金するリスクは、日本の証券会社と比べてもはるかに低いのですが、自ら他の金融機関などでお金を借り入れた場合まで防ぐことはできません。

そんなことするわけがない、と思う人ほど注意しなければならないのが投資の怖さです。

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

デメリット6【法人口座を開設できず、税制面のデメリットがある】

XM

法人口座を開設できないのは、税制的にかなりのデメリットがあります。

日本の証券会社で取引を行う場合は、税率は20%ほどですが、海外証券業者を利用した場合は、累進課税が適用され、最大55%となっています。

利益が900万を超えると、税率は33%となり、法人税率の23.2%を超えるため、本来ならば利益が900万を超えた時点で法人化を検討すべきです。

 

加えて、法人化した場合は、経費として申告できる範囲も個人よりも広がります。しかし、XMでは法人口座を開設できないため、デメリットとなります。他の2点ほど法人口座のメリットがあるのでご紹介します。

 

法人化のメリット1【損益通算の対象が広い】

法人口座では、FX取引だけではなく、会社が行っている他の事業の収益も合わせて、損益通算が可能です。

個人の場合は、同じ税区分に当たる「雑所得・総合課税方式」に分類される項目でのみ、損益通算ができないため、法人口座を開設できないことはデメリットとなります。

法人化のメリット2【最長10年間の損失繰越ができる】

法人口座では、最長10年の損失繰り越しができます。

個人口座では、損失の繰り越しが行えないため、XMが法人口座を開設できないことは、デメリットとなります。

アイコ
アイコ
法人口座でトレードしたい人は回れ右ですね!私は個人でのトレードなので、問題なしです!

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

 

デメリット7【一定期間利用しないと口座維持費が発生してしまう】

XM デメリット

XMは通常口座維持費は無料なのですが、以下3つの条件が揃うと、毎月5$の口座維持費が残高から引かれていきます。

  • 口座残高がある
  • 90日間取引を行っていない
  • 90日間入出金を行っていない

口座残高をすべて引き出してしまうことで、口座維持費は発生しなくなります。

休眠口座を防ぎたい場合は、90日間の間に1度でも取引や入出金を行うことで防ぐこともできるので、忘れずに行ってください。

アイコ
アイコ
いつか忘れちゃいそうだから、ここはメモしておこう、、、

最短3分でボーナス¥3,000ゲット!!

デメリット8【トレードで出した利益を銀行送金がメイン】

XMデメリット

XMでは、2022年現在、5つの出金手段があります。

  • 国内銀行出金
  • クレジットカード(VISA)
  • Bitwallet
  • STICPAY
  • BXONE

の5つです。

ただし、XMでトレードで出した利益を出金できるのは国内銀行出金だけです。後の4つの出金手段は、入金したお金を引き出す場合のみ使えます。

実質的には、国内銀行出金以外の出金手段はないということですね。

銀行出金の送金手数料が高い

国内銀行送金の場合のXMの出金手数料は無料なのですが、中継銀行の送金手数料に約2,500円がかかってしまいます。

しかし、XMだけではなく、海外証券会社は全て同様に手数料がかかります。

XMの場合は、出金額が40万以上になりますと、約2,500円の出金手数料をXMが負担してくれるので嬉しいところですね。

アイコ
アイコ
海外証券は出金手数料がかかってしまうのは仕方ないということですね!

XMをおすすめできない人とは?

XMをおすすめできない人は以下の3つとなります。

  • 仮想通貨をトレードしたい人
  • 法人口座でトレードしたい人

XMはスプレッドが狭いため、スキャルピングなどを行う人には向きません。

デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードを行いたい人にはXMはおすすめできます。

仮想通貨でのトレードもXMではできず、法人口座も運用できません。

XMは、初心者から中級者向けの海外証券会社と言えます。

高いレバレッジを活かし、ある程度の資金を形成したのちに、仮想通貨の取引や税制対策を行うといいでしょう。

信頼性と安全度、約定スピードの速さなどはXMでは高水準であり、投資をこれから行おうという人や、ゼロカットを活かして安全に投資を行いたい人、レバレッジを活かして少ない資金から取引をしたい人などにXMはおすすめです。

海外証券業者は、XMにもさまざまにあり、特徴がそれぞれ随分異なるため、事前に調査し、自分に合った海外証券業者を選びましょう。

当サイトおすすめFX証券ランキング
1位 XM Trading
世界人気ダントツNO.1のXM Trading。
海外証券初心でも安心の海外証券大手。トレード資金がすくない場合でも、入金ボーナスがつくため、少額からでもFXを始めることができるのが、ポイント。信頼、トレードのしやすさ、サポート、どれをとってもXMが1番オススメできます!
オススメ度
設立 2009年
最大レバレッジ 888倍
ボーナス有無 あり
日本語対応 あり
追加口座 OK

詳細ページ公式ページ

2位 GEMFOREX
GEMFOREXの最大の特徴といえば、ボーナスのレベルの高さです。最大レバレッジ1000倍かつ、ボーナス1000%とまであり、と初心者から上級者まで利用する人気の海外証券です。2%~1000%までのボーナス付与で、入金後にボーナス確定、とギャンブル精神をくすぐります。XMと並んで多くの人が利用する海外FX証券です。
オススメ度
設立 2010年
最大レバレッジ 1000倍
ボーナスの有無 あり
日本語対応 あり
追加口座 OK

詳細ページ公式ページ

3位 iFOREX
iFOREX
iFOREXはハイレバレッジでトレードして一角千金を狙うトレーダーが多く集う、昔から人気の高い証券会社です。レバレッジはXMなどには劣りますが、ロスカット水準がなんと0%なので、特に資金が少ないトレーダーの方は嬉しい限り。通貨ペアも他社と比べてダントツに多く、珍しい通貨でトレード可能。最初はXM、GEMFOREXでトレードしてこちらに移行してくるトレーダーも多いです。
オススメ度
設立 1996年
最大レバレッジ 400倍
ボーナス有無 あり
日本語対応 あり
追加口座 なし

詳細ページ公式ページ